ストーリーには様々な強敵が登場するのがFGOです。

そのなかでも7章は最後の特異点ということもあり、

ティアマト、ケツァルコトルなどなど、様々な強敵が登場しました。

 

そんな7章ですが、20節にも様々な強敵が登場し、

そのステージ数は7つと非常に多い数となっています。

なかにはストーリーのみのステージも登場しますが、

ボリュームとしては7章のなかでも大きいといえるでしょう。

今回は、そんな7章20節の突破方法を紹介していきます。

▼ガチャの回数を増やす方法▼

 

ラフムってどんな敵?

20節に登場する敵の1つが、ラフムです。

ラフムは複数のステージで登場し、11万近いHPのラフムや、

50万以上のHPを持ったベル・ラフムなどが登場します。

 

また、20節では味方サーヴァントのHPが徐々に減少していく効果もあり、

長期決戦を挑むには厳しい相手です。

そのため、ラフムと戦うのであれば、短期決戦を挑む必要があります。

 

ラフム攻略法

7章20節におけるラフムは、セイバー、ランサークラスのエネミーとして登場します。

HPが低めのラフムがランサークラスであり、

HPが高いベル・ラフムがセイバークラスで登場します。

そのため、セイバーとアーチャークラスを用意して戦うことが基本だといえるでしょう。

また、ラフム自体の登場する数は少ないので、

単体攻撃宝具を所持したサーヴァントがおすすめです。

フレンドであれば沖田総司やネロ(ブライド)、アルトリア(水着)、イシュタルなど、

育成しているのであれば、エリザベート(ブレイブ)、カエサル、クロエ、ロビンフッドなどで挑むといいでしょう。

サポートとして諸葛孔明を用意すると、更に安定した戦いをすることができます。

 

牛若丸戦について

7章20節はラフム戦以外にも、複数の牛若丸と戦う必要があります。

このステージは7章の中でも屈指の難易度であり、

苦戦しているプレイヤーも多いのではないでしょうか。

 

牛若丸戦の特徴としては、倒しても倒しても、

また別の牛若丸が登場することです。

この牛若丸には登場制限がないので、

勝利するまで延々と新しい牛若丸が敵として出現してしまうのです。

牛若丸は15万以上のHPを持つ強敵なので倒すのが難しく、

敗れてしまったプレイヤーもいることでしょう。

 

牛若丸戦突破方法

牛若丸を突破する方法は一つ、一番先頭にいる牛若丸を倒すことです。

このステージの牛若丸は全て同じに見えますが、

実は、1人だけ名前の下に「UNKNOWN」と表示されています。

この牛若丸を倒すことで、牛若丸の新規出現をとめることができるのです。

出現さえ止めてしまえば、普通に倒すことでステージクリアができるでしょう。

 

また、牛若丸はクラス表示が「?」となっています。

敵として登場する牛若丸はクラスが特殊であり、

魔神柱やビーストなどの敵と同じくクラス相性も特殊になっています。

20章に登場する牛若丸はクラス相性による優劣がないので、

クラス関係なく、単体攻撃の宝具を持つサーヴァントを編成して挑むのが良いでしょう。

 

ストーリーで発動するバトルギミック

バトルギミック「ケイオスタイド」

ストーリー7章では、一部のクエストで特殊なバトルギミックが発動します。

その1つが「ケイオスタイド」と呼ばれるHP減少を行う特殊ギミックです。

プレイヤーターン開始時に決められた数値分HPが減少されるので、

減少数値以下のHPだった場合には、サーヴァントはそのまま倒されてしまいます。

20節のバトルでは全てケイオスタイドが発動しており、

進行度5の牛若丸戦、進行度6のベル・ラフム戦では減少値が1200と高くなっています。

HP減少は長期戦になると大きく響いてしまうので、

回復ができるナイチンゲール、メディア(リリィ)などがいると安心して戦えるでしょう。

 

バトルギミック「地響き」

7章のクエストではケイオスタイドだけではなく、

「地響き」と言うバトルギミックもあります。

地響きはバトル開始時に戦闘メンバーがランダムに入れ替えられる効果があり、

パーティーの先頭メンバーと控えからランダムに3体がバトルに登場します。

地響きはバトル開始時のみ発動するギミックですが、

自身が決めたメンバーが控えに戻される可能性もあり、

地響きの対策として控えにも強力なサーヴァントを用意しておく必要があるでしょう。

地響きは進行度4、5、6の3つのクエストで発動されるので、

対策としてマスター装備を変更してオーダーチェンジを発動できるようにしておくといいですね。

 

7章20節は非常に厳しいステージが続きますが、

攻略がわかればクリアできるステージです。

ラフムにはセイバー、アーチャーで戦う、牛若丸は先頭を撃破する、

この2つを頭に入れて挑んでみて下さい。

 

20節攻略に役立つサーヴァント

7章20節には高HPの敵が多く登場します。

攻略には敵の弱点を突けるサーヴァントが必要となり、

その中でも単体攻撃宝具を持ったキャラは火力役としておすすめです。

20節にはラフム、ベル・ラフム、牛若丸などの強力な敵が登場するので、

敵に分けておすすめのサーヴァントを紹介します。

 

ラフム対策サーヴァント

ラフムはランサーのエネミーなので、

セイバーのサーヴァントを使って対策するのが良いでしょう。

ラフムはHPがそれほど高くないので、

両儀式、アルテラ、アルトリア[オルタ]などの全体攻撃宝具を持つセイバーを使いましょう。
両儀式はアーツ属性の全体攻撃宝具を持ったセイバーです。

他のセイバーと比べれば宝具火力は少し低めですが、

両儀式の宝具には即死付与の効果があります。

ラフムは即死耐性が高くなく、

スキル直死の魔眼と合わせれば高確率で即死を狙うことも可能です。

クラス相性、即死狙いの両面でラフム対策として優秀であり、

両儀式をラフム対策として起用するのはかなりおすすめです。
アルテラはバスター属性の全体攻撃宝具を持ったセイバーであり、

スキルによって自身の攻撃力アップ、味方全体の宝具威力アップが行え、

ランサーのラフムに対して高いダメージが期待できます。

さらにアルテラはスター集中のスキルも持つので、

ベル・ラフムが同時に登場するクエストでもクリティカルでダメージを与えられます。

ラフム、ベル・ラフムのどちらの対策としても扱いやすく、

20節攻略の際にはアルテラを優先して入れるのも良いでしょう。
アルトリア[オルタ]は宝具威力がトップクラスに高いサーヴァントであり、

HPが10万を超えるラフムの一撃撃破を狙えます。

強化スキルを2つ持つのでサポートがなくても大ダメージが狙いやすく、

アルトリア[オルタ]がいるだけでラフム攻略はかなり楽になります。

星4サーヴァントなのでパーティーコストも抑えられるので、

コストを抑えながらラフム対策したい場合におすすめのサーヴァントです。

 

ベル・ラフム対策サーヴァント

ベル・ラフムは20節の進行度2、3、4、6、7に出現するセイバークラスのエネミーです。

ラフムに比べるとHPがかなり高くなっており、

進行度4にはHP57万以上のベル・ラフムも登場します。

ベル・ラフム対策には、

アルトリア(アーチャー)、エミヤ、クロエ、ロビンフッドなどが良いでしょう。
アルトリア(アーチャー)は宝具の連続発動を狙いやすく、

味方のダメージアップもできる強力なサーヴァントです。

ベル・ラフムに対して宝具を連続発動すれば簡単にHPを削ることができ、

アタッカーとしてはかなり優秀な性能を持っています。

ベル・ラフムは登場回数が多い敵なので、

アルトリア(アーチャー)を起用して挑んでみるのが良いでしょう。
エミヤは高HPの敵には扱い辛い全体攻撃宝具を持ちますが、

クリティカルでのダメージが狙いやすいアーチャーです。

さらにエミヤのクリティカルスキル鷹の瞳はスター発生率アップも付いており、

宝具を使うことで自身だけでスターを生み出せます。

クリティカル威力アップ礼装と合わせて起用すれば、

ベル・ラフムに対しての強力なアタッカーとして役立つでしょう。
クロエは宝具によってベル・ラフムにダメージが期待できるアーチャーです。

配布サーヴァントなので宝具レベルを上げやすく、

宝具レベルが高いほど大ダメージを狙いやすくなります。

さらにクロエはコマンド性能アップスキルを持つので、

宝具発動時に合わせると10万以上のダメージを簡単に与えられます。

NPチャージスキルもあるので宝具の複数回発動もしやすく、

クロエはベル・ラフム対策としてパーティー起用しておくことをおすすめします。

 

牛若丸対策サーヴァント

20節の進行度5に登場する牛若丸はHPが18万以上あり、

先頭にいる牛若丸を倒さない限り固体増殖の効果で数を減らせません。

牛若丸に対してはクラス相性を気にしないでいいので、

坂田金時(バーサーカー)、ジャック、ネロ(ブライド)、ナイチンゲールなどを起用すると良いでしょう。
坂田金時(バーサーカー)は全サーヴァントの中でも高いATKステータスを持ち、

素早い宝具発動も狙える強力なサーヴァントです。

牛若丸戦ではバーサーカーでも等倍のダメージしか受けず、

耐久力が低い坂田金時でも火力役として十分な活躍ができます。

自己強化スキル、回復スキルによって戦闘時にサポートが少なくても活躍しやすく、

牛若丸戦ではおすすめのサーヴァントです。
ジャックはスターを生み出しながら火力としても使えるアサシンです。

ジャックの宝具には女性特攻の効果があり、

牛若丸に対しては特攻効果を活かせます。

さらに回復スキルの対象は味方単体なので、

自身だけではなくピンチになった味方の回復も行えます。

クイックでのスター発生率も高く、

ジャックを起用するだけでクリティカルでの大ダメージも狙いやすいので、

牛若丸戦では優先して起用するのもいいですね。
ネロ(ブライド)はサポートスキルに優れたセイバーです。

味方のダメージアップ、回復などを行えるスキルを持ち、

ネロ(ブライド)がいればサポートとアタッカーの両方で活躍してくれます。

宝具に付与されている防御力ダウンなどのデバフ効果もかなり強力であり、

ネロ(ブライド)は牛若丸戦でかなりの活躍をしてくれるでしょう。
ナイチンゲールはサポート能力に優れたバーサーカーです。

牛若丸戦ではケイオスタイドによりHPが毎ターン1200減るデメリットがあり、

ナイチンゲールなどの回復力に優れたサーヴァントがいるとHP減少を気にせず戦えます。

さらにナイチンゲールは人型特効を活かしてダメージも狙えるので、

牛若丸戦では是非起用しておきたいサーヴァントです。


強力なサーヴァントを入手する方法

パーティを強化して高難易度クエストを突破するためには、強力なレアサーヴァントの入手が欠かせませんね。

しかし、FGOではレアガチャ排出率がかなり低く設定されていますので、無課金派プレイヤーの方や課金をあまりできないプレイヤーにとってはレアサーヴァントの入手はかなり厳しくなっています。

そんな無課金派プレイヤーの方や、課金はあまりしたくないプレイヤーの方に特におすすめの、無課金でもたくさんガチャを回すことができる方法が存在しますのでご紹介しておきます。

ぜひ参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
強力なサーヴァントを入手する方法

ちなみに、この方法はいつまで有効かわからないので、なるべく早めに試しておいてくださいね!

この方法を活用して、パーティを強力なレアサーヴァントで固めてしまってください。
最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事が役に立ちましたら、ブックマーク・SNSでのシェアをよろしくお願いいたします。